menu

TOP
お金に携わる金融庁の給料ってどんなもん?
金融庁がはじめたNISAに注目が集まる理由
子育て世代、ジュニアNISAのこと教えて!
半沢直樹で有名になった金融庁検査って?
 金融庁とお金の関係 



・・・・・・・・ 金融庁がはじめたNISAに注目が集まる理由  ・・・・・・・・

NISA新制度が騒がれています。

これは今までは貯蓄に回していたお金を投資に回してもらおうとする制度で、
投資による利益が5年間非課税になるものです。

年間上限120万円までの株式の購入による利益が非課税になるため、
120万円分の株を購入して300万円で売却した場合、
差額の180万円分が非課税となります。

数万円~十数万円の節約になると言われており、
金融庁の発表ではNISAを利用した投資は増加しており、
非課税の効果があると考えられています。

しかしNISA口座は20歳以上のみ開設可能で一人1口座までとなっています。

NISA口座以外での利益や120万円を超えた購入分の利益は通常の税率が課せられるため、
資産の分散に注意が必要です。

NISAの口座は銀行や証券会社で開設することができます。

先日たまたま銀行に通帳の繰越で立ち寄ったのですが、
その時に目にしたのが、このNISAの広告だったり、
総量規制対象外の即日カードローンはある?という宣伝だったり、
今の銀行はいろいろな手法を試みているんだなあとつくづく感じましたね。

また、株は生ものとも言われ政府要人の発言や為替、
企業の収益などによって大きく上下動するため、
リターンとリスクを確認することが重要です。

お金を得ることができるということは損をする可能性もあるのです。

また、一度に大きな金額を用意できなければ毎月1万円ずつでも構わないので
投資に使って行くという時間の分散を行うのも一つの方法です。

これにより高値や安値などの見た目の価格に振り回されることなく
トータルで平均的な価格で株を購入しやすくなり、リスクを軽減することができるようになります。


・・・・・・・・ 更新記事 ・・・・・・・・
お金に携わる金融庁の給料ってどんなもん?(2015.08.12)

金融庁がはじめたNISAに注目が集まる理由(2015.08.12)

子育て世代、ジュニアNISAのこと教えて!(2015.08.12)

半沢直樹で有名になった金融庁検査って?(2015.08.12)

copyright © 2014 金融庁とお金の関係 All Rights Reserved.