menu

TOP
お金に携わる金融庁の給料ってどんなもん?
金融庁がはじめたNISAに注目が集まる理由
子育て世代、ジュニアNISAのこと教えて!
半沢直樹で有名になった金融庁検査って?
 金融庁とお金の関係 



・・・・・・・・ お金に携わる金融庁の給料ってどんなもん?  ・・・・・・・・

金融庁の給料は階級によって変わり、
合格した国家試験によって総合職と一般職に分かれます。

国家公務員1種に合格した総合職はキャリア組と呼ばれ、相当な高年収になります。

局長クラス以上になると2,000万円以上の年収になり、
官僚トップの事務次官になるとさらに高収入になります。

30代位の平均年収は500万円前後で、
課長クラスでは1,000万円ほどの収入が見込めます。

ボーナスは年2回支給され、1回につき50万円~100万円前後の額が支給されます。

残業もありますが、その分の時間外手当もきちんと付き、
正式に雇用されれば倒産や解雇がないので将来的にも安定した職場です。

採用に当たっては国家公務員1種または国家公務員2種に合格する必要がありますが、
どちらで採用されるのかによって後々の収入に大きな影響を及ぼします。

キャリア組を目指し、出世して高収入を得たい時は国家公務員1種の資格が必要になり、
若い時の収入は1種と2種の給料の差はそれほどないのですが、
30~40代に差し掛かるあたりから徐々に差がついてきます。

金融庁では弁護士や不動産鑑定士、IT知識を持っている人など、
すでに他の分野で経験を積んでいて専門知識を持っている人に対する採用も行っています。

この場合は生涯雇用ではなく2年ほどの雇用になりますが、
その間は国家公務員扱いになり、給料は国家公務員法に基づいた金額が支給されます。


・・・・・・・・ 更新記事 ・・・・・・・・
お金に携わる金融庁の給料ってどんなもん?(2015.08.12)

金融庁がはじめたNISAに注目が集まる理由(2015.08.12)

子育て世代、ジュニアNISAのこと教えて!(2015.08.12)

半沢直樹で有名になった金融庁検査って?(2015.08.12)

copyright © 2014 金融庁とお金の関係 All Rights Reserved.